犬用ミトコンドリアサプリ

2017年03月28日

犬 病気 皮膚

犬の皮膚の病気で多いのがホルモン性皮膚炎です。
ホルモンの異常による皮膚のトラブルで4歳、5歳ぐらいの犬がかかりやすいと言われてます。

症状は脱毛。
全身の毛がなくなってしまうこともあります。

治療方法としてはホルモン剤の投与。
動物病院で治療方法を相談の上、決めた方が良いでしょう。

脱毛が増えたと同時に水を飲む量が増えた場合などはホルモン異常が考えられます。
タグ: 病気 皮膚
【犬 病気 皮膚の最新記事】
posted by ゆたぞう at 08:03| 犬 病気 皮膚